通常の包茎手術と比較してみるとカントン治療には整復がある

カントン包茎という包茎の種類を知っていますか。カントン包茎とは、仮性包茎や真性包茎の方が包皮を無理やり剝いで亀頭を露出したまま放っておいたために、むくんで戻らなくなってしまった状態のことを言います。症状がひどくなると亀頭に潰瘍や出血が見られ、最悪の場合ペニスが腐ってしまう恐れがあるので注意が必要です。

カントン包茎の治療では、まず包茎手術を行う前に整復を行います。整復とは戻らなくなってしまった包皮を戻す治療法です。麻酔を行った後に両手でペニスをしっかり持って、人差し指と中指でむくんでいるところを亀頭側に、亀頭は親指で圧迫して包皮を戻します。

この整復は少し難しいので、熟練した泌尿器科医に行ってもらうことが大切です。通常の包茎手術と比較してみると、通常の包茎手術では整復を行わないので、カントン治療独自の治療法であるといえます。したがってカントン治療を行う際には、経験豊富な医師がいるクリニックを選ぶようにしましょう。

カントン治療の方が痛みが大きい

カントン治療では整復が完了すると次に手術を行います。カントン手術では、むくんでいた包皮を含めて切除する包茎手術が実施されます。通常の包茎手術と比較してみると、大きな病院の泌尿器科で行なっている環状切開法で手術を行うことが多いですが、カントン手術では皮膚が痛んでいる状態になっているので、傷跡が残りやすい環状切開法は避ける傾向です。

したがって美容面も配慮した特殊な環状切開法である亀頭下環状切開法を行うことが多いです。カントン手術と通常の包茎手術の痛みを比較してみると、カントン治療では手術の他に整復も行うので、カントン治療の方が痛みが大きいと言えます。しかし事前に麻酔をすることによって、その痛みを軽減させることができます。

さらに手術中は整復時に打った麻酔が効いているので、痛みを感じることなく手術を受けることができます。このように通常の包茎手術と比較してみてカントン治療は痛みをともないますが、麻酔などで工夫すれば通常の包茎手術くらいの痛みで済むことが可能です。クリニックを選ぶポイントは、経験や実績が豊富な大手のクリニックを選ぶことです。

まとめ

通常の包茎手術と比較してみると、カントン治療は手術前に整復があるなどの違いがあります。また整復は痛みをともなう治療法なので、通常の包茎手術と比較して痛みが大きいです。しかし麻酔をうまく活用することによってその痛みを軽減させることができます。

整復前に麻酔を利用することによって手術時にもこの麻酔が効いているので、手術中も痛みをなくす効果があります。カントン治療をしたいと考えているのであれば痛みに配慮してもらえるクリニックを選ぶようにしましょう。