一般的な包茎手術とは

包茎手術は一般的に包皮を切り取り、残った部分を陰茎に縫い合わせると言う非常にシンプルな方法となっています。この部分をどこに合わせるかでいくつかの方法がありますが、もっとも傷が少なく見た目に美しいと言われているのが起動埋没法です。この方法では、亀頭の根本の部分に包皮の縫い合わせ部分が隠れる形となるため人目では手術をしたことがわからないメリットがあります。

ただし、一般的な方法に比較して包皮を多く残すことになり、たるみが生じたり亀頭部分を圧迫するなどといったトラブルが発生することも少なくありません。また他の方法に比べて価格が高くなりがちな点もデメリットとなっています。

一般的な包茎手術に比較して高い技術を要求するものとなっているため、クリニックによっては上手にできない場合もあることから注意をしなければならない方法でもあります。しかし見た目の美しさでは最も優れているため、他の方法に比較して希望の多い手術方法です。

画期的なコスメティックマスター法

最近の包茎手術の中で話題を集めているのが、コスメティックマスター法と呼ばれる方法です。これは包皮を切らずに二重まぶたを形成するのと同じように人工的なシワを自然に作り亀頭を露出させる方法で、痛みを伴うことなく自然な感じの仕上がりになるため注目されている方法となっています。

包茎手術で最も多くの人が気にするのは手術跡です。傷が残ってしまったり、場合によっては包皮の引きつり等が発生する場合もあるため注意をしなければなりません。この方法では切らずに行う方法であるため、場合によってはその状態を調節することができると言うメリットを持っています。

そのため高い効果を生み出しやすく、さらに一般的な包茎手術に比較して回復が非常に早いのが魅力となっており、非常に注目されている方法です。これまでの一般的な包皮を切って行う包茎手術と比較して、簡単に行える手術でもあります。これまでの常識を破る方法としても注目されています。

まとめ

包茎手術はこれまでは外科的な手術となっていましたが、最近では比較的簡単に行えるコスメティックマスター法が注目されています。切らずに行える方法も生まれたことで、より多くの人が包茎手術を気軽に行うことができるようになり、さらに清潔な状態を保つことができるようになっているのがポイントです。コスメティックマスター法では美容整形における二重まぶたの形成法を応用しているため、非常に実績も高いのがポイントとなっています。